C♯のモジュールからC++のDLLを呼び出してみる

提供: とある社畜の頭脳整理
移動先: 案内検索

久しぶりにやったら、すっかり忘れていたので覚書…

C++のDLLプロジェクト作成

まず、C++のDLLを作成するときの注意点… 作成するプロジェクトは、「Win32プロジェクト」を選択するんだ。
CShapeToCppDll 005.jpg


あと…アプリケーションの設定では「DLL」と「空のプロジェクト」を選択してね。
CShapeToCppDll 001.jpg


空のプロジェクトが作成されたら「cpp」「h」「def」ファイルを追加するんだ。今回は「CppDll.cpp」「CppDll.h」「CppDll.def」を追加したよ。


そしたら、プロジェクトのプロパティを開いて「構成プロパティ→リンカー→入力→モジュール定義ファイル」に「CppDll.def」を設定するんだ。
(DebugとReleaseでそれぞれ設定する必要があるんだよ。)
CShapeToCppDll 002.jpg

DLLのコード

ヘッダーファイル(*.h)

#ifndef DLLAPI
#define DLLAPI extern "C" __declspec(dllimport)
#endif

DLLAPI long __stdcall _Sum(const long p_Number1, const long p_Number2);

コードファイル(*.cpp)

#define DLLAPI

#include "CppDll.h"

DLLAPI long __stdcall _Sum(const long p_Number1, const long p_Number2)
{
	return p_Number1 + p_Number2;
}

モジュール定義ファイル(*.def)

LIBRARY	CppDll

EXPORTS
	_Sum

C♯のプロジェクト作成

ほとんどそのまま作るんだけど…ソリューションのコンパイル対策をしておくよ。

ビルドイベントの設定

C++のDLLはソリューションフォルダ直下の「Debug」や「Release」フォルダにDLLが格納されてしまうんだ。そうすると、デバッグするときにDLLが見つからないので、ビルドイベントを使ってコピーしてしまうよ。以下のように設定してね。(「Release」コンパイルするまでは「Release」フォルダがないのでコメントアウトしているよ)
CShapeToCppDll 004.jpg

プロジェクトの依存関係の設定

コピーするにもちゃんとリコンパイルされた資源をコピーしないといけないので、プロジェクトの依存関係を設定することで、ビルドの順番を設定するよ。
ソリューションエクスプローラーからC♯のプロジェクトを右クリックして「ビルド依存関係」→「プロジェクト依存関係」を選択してね。
「依存関係」タブの依存先にC++のプロジェクトが表示されているはずだから、チェックを入れてOKボタンをクリックしてね。

C♯のコード

MVVMモデルでサンプルを作ったからビューモデルが入っているけど…DLLを呼ぶには必要ないから無視してね。

モデル

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;

//追加
using System.Runtime.InteropServices;

namespace CSharpToCDLL
{
    /// <summary>
    /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
    /// </summary>
    public partial class MainWindow : Window
    {
        /// <summary>
        /// DLLの関数定義
        /// </summary>
        /// <param name="p_Number1">数値1</param>
        /// <param name="p_Number2">数値2</param>
        /// <returns>合計</returns>
        [DllImport("CppDll.dll")]
        private extern static Int32 _Sum(Int32 p_Number1,Int32 p_Number2);

        /// <summary>
        /// 標準のコンストラクタ
        /// </summary>
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
        }

        /// <summary>
        /// ボタンクリックイベントハンドラ
        /// </summary>
        /// <param name="sender">イベント送信元</param>
        /// <param name="e">イベント情報</param>
        private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            //DLLの関数を呼び出す
            Int32 l_Result = _Sum(300, 500);

            //計算結果の表示
            MessageBox.Show("計算結果:" + l_Result.ToString());
        }
    }
}

ビュー

<Window x:Class="CSharpToCDLL.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow"
        Height="77.056"
        Width="525">
    <Grid>
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="5"/>
            <RowDefinition Height="24"/>
            <RowDefinition/>
            <RowDefinition Height="5"/>
        </Grid.RowDefinitions>
        <Grid.ColumnDefinitions>
            <ColumnDefinition Width="5"/>
            <ColumnDefinition/>
            <ColumnDefinition Width="5"/>
            <ColumnDefinition Width="75"/>
            <ColumnDefinition Width="5"/>
        </Grid.ColumnDefinitions>
        <Label
            Grid.Row="1"
            Grid.Column="1"
            Content="{Binding Label_Content}"/>
        <Button
            Grid.Row="1"
            Grid.Column="3"
            Content="実行"
            Click="Button_Click"/>
    </Grid>
</Window>

ビューモデル

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

//追加
using System.ComponentModel;

namespace CSharpToCDLL
{
    class MainWindowViewModel : INotifyPropertyChanged
    {
        /// <summary>
        /// ラベル表示用変数
        /// </summary>
        private String m_Label_Content;

        /// <summary>
        /// ラベル表示文字列
        /// </summary>
        public String Label_Content
        {
            set
            {
                this.m_Label_Content = value;
                this.OnPropertyChanged("Label_Content");
            }
            get { return this.m_Label_Content; }
        }

        /// <summary>
        /// プロパティ変更イベントハンドラ
        /// </summary>
        public event PropertyChangedEventHandler PropertyChanged;

        /// <summary>
        /// プロパティ変更通知
        /// </summary>
        /// <param name="p_PropertyName">プロパティ名</param>
        public void OnPropertyChanged(String p_PropertyName)
        {
            if (this.PropertyChanged != null)
            {
                this.PropertyChanged(this, new PropertyChangedEventArgs(p_PropertyName));
            }
        }
    }
}